インプラント治療

インプラント治療という言葉を聞いた事はあるでしょうか?
永久歯を失うと、残念ながらどんな治療をしても二度と生え変わってくることはありせん。そこで、これまでは入れ歯やブリッジなどの治療を行なって来ました。
インプラント治療というのは、ドリルであごの骨に穴を開けて、チタン製の歯根(インプラント)を埋め込みます。その上に義歯を入れ込むので、しっかりと固定されるという点で入れ歯とは決定的に違いがあります。
また、インプラントは人工歯ですから虫歯になることがなく、口の中を清潔にしていれば口臭の発生もありません。
入れ歯の噛む力は天然歯の20分の1程度といわれていますが、インプラントで噛む力は天然歯と変わらず、硬いものも気にせずに噛む事ができます。
インプラントで入れた人工歯は通常のハミガキと同様に磨けば良いので、日々のお手入れが簡単です。
インプラントの注意点として、患者に病気がある場合は、その程度や病状によっては手術に危険を伴うので治療ができないことがあります。
また、インプラントには触覚や圧覚を感知する歯根膜という機能は付いていないため、知らずに強く噛みすぎてしまうことがあります。
インプラント治療は、他の治療方法と比べて、長い期間がかかります。一般に下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月と言われます。
現在、インプラント治療は保険適用外で自費治療となっている為、各医院によって料金設定が異なりますが、だいたい1本につき40万円前後が一般的です。
インプラントには、その方法や材料によって、世界で数百種類、日本では数十種類のものがありますが、現在では金属アレルギーの心配がないチタン製が多くなっています。
インプラントの治療後のケアは、やはり治療を行った歯科医に任せるのがベストです。したがって自宅に近い歯科医など、通いやすい歯科医を選ぶことも大切になります。

インプラントの長所と短所

インプラントと言っても、実は様々な種類があります。
永久歯が抜けてしまうと、これまでは入れ歯やブリッジなどでしか、抜けた歯を補うことはできませんでした。
インプラント治療の場合は、健康な歯を削ることもなく必要な箇所にインプラント(人工歯根)を埋め込むことで固定式の人工歯を入れることが出来るようになります。
インプラントは人工歯なので虫歯になることはありませんし、食べかすが付きにくいので周りの歯も虫歯にはなりにくいのです。
インプラントなら、入れ歯とちがって自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができるので、食べ物の味や感触がよくわかります。
インプラントは、外科的な手術が必要になりますが、ぐらつきやがたつきが無く、取り外して手入れをすることもありません。
インプラント治療をするにあたって、手術をしなければならない事はもっとも大きな欠点といえます。歯肉を開いて骨を削れば、腫れや出血もあります。
また、インプラントは自然の歯と同じで、歯周病には弱いので、長持ちさせるためには、十分な口腔衛生の管理と、定期検査が必要です。
他の治療方法に比べて、インプラント治療は長い期間がかかります。一般的に、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月の治癒期間が必要です。
インプラントの治療費用は、保険適用外の自費治療になります。料金設定は、医院によって違うのですが一般的には1本30〜50万円前後になります。
インプラントは、その材質や治療方法にさまざまな改良が加えられ、現在では世界で数百種類、日本では数十種類のものが使用されています。
インプラント治療を受けた後は、定期的な検診が必要なので、アフターケアがしっかりしていることも歯科医を選ぶポイントになります。

治療費と入れ歯の対費用効果

インプラント治療をこれから受診しようとしている方も多いと思いますが、失敗しないインプラントのために少し考えてみたいと思います。
永久歯が抜けてしまった場合の選択肢としては、入れ歯を使う、ブリッジをかける、それからインプラント治療などが考えられます。
インプラント治療というのは、ドリルであごの骨に穴を開けて、チタン製の歯根(インプラント)を埋め込みます。その上に義歯を入れ込むので、しっかりと固定されるという点で入れ歯とは決定的に違いがあります。
インプラントがあごの骨に力を加えるために、あごの骨が痩せるのを防ぎ、噛み合わせの長期安定を保つことができます。
入れ歯の場合は、入れ歯を作る技工士の技術によっては、発音しづらくなる場合がありますが、インプラントなら発音には全く影響を与えません。
外科的な手術は必要になりますが、取り外しも不要で見た目や使用感も大変自然です。

それに人工歯根には触覚や圧覚を感知する歯根膜の機能は付いていませんので、強く噛み過ぎてしまうこともあります。
インプラント治療は、入れ歯などに比べて長い治療期間になります。インプラントが歯の根にあたる骨に付くまで、最低6週間はかかります。
インプラントの治療費用には、保険が適用されません。1本30〜50万円が一般的ですが、医院によって料金設定はちがいますので、直接問い合わせをしてみましょう。
現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。材質は金属アレルギーの起こらないチタンを使用することがほとんどです。
インプラント治療を受けた後は、定期的な検診が必要なので、アフターケアがしっかりしていることも歯科医を選ぶポイントになります。

専門医と治療

インプラント治療をこれから受診しようとしている方も多いと思いますが、失敗しないインプラントのために少し考えてみたいと思います。
歯を失ってしまった場合に現在考えられる選択肢には、部分入れ歯を入れる、ブリッジをかける、そしてインプラントといくつかの選択肢があります。
インプラント治療の場合、あごに人工の歯根(インプラント)を埋め込んだ上に人工の歯を入れるので、ほかの治療法と比べると義歯がしっかりと顎に植わっているという違いがあります。
また、インプラントは人工歯ですから虫歯になることがなく、口の中を清潔にしていれば口臭の発生もありません。
入れ歯はバネで抑えられているので、硬いものを噛んだりして外れてしまった場合に誤飲したり、のどにつかえたりすることがありますが、インプラントはそのような事故がおこることはありません。
インプラントは適切な手入れをすることによって、他の方法と比較して最も長持ちするので、一生ものと考えられる歯科治療法と言われています。

また、歯周病に弱いのは自然の歯と同じですが、インプラントには触覚や痛覚がないので、炎症に気づかずに放置してしまうこともあります。
一般的なインプラント治療でいえば、人工歯根が歯槽骨と結合する期間だけみても、上顎の場合は約6か月、下顎の場合は約3か月が必要とされます。
現在、インプラント治療は保険適用外で自費治療となっている為、各医院によって料金設定が異なりますが、だいたい1本につき40万円前後が一般的です。
現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。材質は金属アレルギーの起こらないチタンを使用することがほとんどです。
インプラント治療には免許や資格は必要なく、法律的には歯科医師であればだれでも行うことのできる治療法です。しかし精度の高い治療をするには専門的な知識と技術が必要不可欠です。

費用と効果

インプラント治療をこれから受診しようとしている方も多いと思いますが、失敗しないインプラントのために少し考えてみたいと思います。
永久歯を失うと、残念ながらどんな治療をしても二度と生え変わってくることはありせん。そこで、これまでは入れ歯やブリッジなどの治療を行なって来ました。
インプラント治療の場合は、インプラントと呼ばれる人工的な歯根を顎に埋めて、その上に義歯を入れるので、他の治療法と比べて根が顎にしっかり植わっているという決定的な違いがあります。
インプラントがあごの骨に力を加えるために、あごの骨が痩せるのを防ぎ、噛み合わせの長期安定を保つことができます。
入れ歯の場合は、入れ歯を作る技工士の技術によっては、発音しづらくなる場合がありますが、インプラントなら発音には全く影響を与えません。
インプラントは入れ歯のように、ぐらつき、がたつき、外れるという心配もなく、何よりも取り外す必要がありませんので着脱の煩わしさがありません。
インプラントは外科手術を伴うので、患者に持病がある場合、その病気の程度や状態によって手術に危険をともなう恐れがあるときは治療ができないことがあります。
また、いつまでも健全なインプラントを守るためには、患者と歯科医師が協力して定期健診を継続していく事が重要となります。
インプラント治療は、他の治療方法と比べて、長い期間がかかります。一般に下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月と言われます。
インプラントは国民健康保険が適用されない自費診療の治療ですので、治療費も一本30〜50万程度と高額になることが多いようです。
インプラントは、その材質や治療方法にさまざまな改良が加えられ、現在では世界で数百種類、日本では数十種類のものが使用されています。
インプラント治療を受ける歯科医選びで重要なポイントとして、インプラント後は定期的な検診が必要になりますので、通いやすさも考えましょう。

経済