費用と効果

インプラント治療をこれから受診しようとしている方も多いと思いますが、失敗しないインプラントのために少し考えてみたいと思います。
永久歯を失うと、残念ながらどんな治療をしても二度と生え変わってくることはありせん。そこで、これまでは入れ歯やブリッジなどの治療を行なって来ました。
インプラント治療の場合は、インプラントと呼ばれる人工的な歯根を顎に埋めて、その上に義歯を入れるので、他の治療法と比べて根が顎にしっかり植わっているという決定的な違いがあります。
インプラントがあごの骨に力を加えるために、あごの骨が痩せるのを防ぎ、噛み合わせの長期安定を保つことができます。
入れ歯の場合は、入れ歯を作る技工士の技術によっては、発音しづらくなる場合がありますが、インプラントなら発音には全く影響を与えません。
インプラントは入れ歯のように、ぐらつき、がたつき、外れるという心配もなく、何よりも取り外す必要がありませんので着脱の煩わしさがありません。
インプラントは外科手術を伴うので、患者に持病がある場合、その病気の程度や状態によって手術に危険をともなう恐れがあるときは治療ができないことがあります。
また、いつまでも健全なインプラントを守るためには、患者と歯科医師が協力して定期健診を継続していく事が重要となります。
インプラント治療は、他の治療方法と比べて、長い期間がかかります。一般に下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月と言われます。
インプラントは国民健康保険が適用されない自費診療の治療ですので、治療費も一本30〜50万程度と高額になることが多いようです。
インプラントは、その材質や治療方法にさまざまな改良が加えられ、現在では世界で数百種類、日本では数十種類のものが使用されています。
インプラント治療を受ける歯科医選びで重要なポイントとして、インプラント後は定期的な検診が必要になりますので、通いやすさも考えましょう。

経済