専門医と治療

インプラント治療をこれから受診しようとしている方も多いと思いますが、失敗しないインプラントのために少し考えてみたいと思います。
歯を失ってしまった場合に現在考えられる選択肢には、部分入れ歯を入れる、ブリッジをかける、そしてインプラントといくつかの選択肢があります。
インプラント治療の場合、あごに人工の歯根(インプラント)を埋め込んだ上に人工の歯を入れるので、ほかの治療法と比べると義歯がしっかりと顎に植わっているという違いがあります。
また、インプラントは人工歯ですから虫歯になることがなく、口の中を清潔にしていれば口臭の発生もありません。
入れ歯はバネで抑えられているので、硬いものを噛んだりして外れてしまった場合に誤飲したり、のどにつかえたりすることがありますが、インプラントはそのような事故がおこることはありません。
インプラントは適切な手入れをすることによって、他の方法と比較して最も長持ちするので、一生ものと考えられる歯科治療法と言われています。

また、歯周病に弱いのは自然の歯と同じですが、インプラントには触覚や痛覚がないので、炎症に気づかずに放置してしまうこともあります。
一般的なインプラント治療でいえば、人工歯根が歯槽骨と結合する期間だけみても、上顎の場合は約6か月、下顎の場合は約3か月が必要とされます。
現在、インプラント治療は保険適用外で自費治療となっている為、各医院によって料金設定が異なりますが、だいたい1本につき40万円前後が一般的です。
現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。材質は金属アレルギーの起こらないチタンを使用することがほとんどです。
インプラント治療には免許や資格は必要なく、法律的には歯科医師であればだれでも行うことのできる治療法です。しかし精度の高い治療をするには専門的な知識と技術が必要不可欠です。

経済