治療費と入れ歯の対費用効果

インプラント治療をこれから受診しようとしている方も多いと思いますが、失敗しないインプラントのために少し考えてみたいと思います。
永久歯が抜けてしまった場合の選択肢としては、入れ歯を使う、ブリッジをかける、それからインプラント治療などが考えられます。
インプラント治療というのは、ドリルであごの骨に穴を開けて、チタン製の歯根(インプラント)を埋め込みます。その上に義歯を入れ込むので、しっかりと固定されるという点で入れ歯とは決定的に違いがあります。
インプラントがあごの骨に力を加えるために、あごの骨が痩せるのを防ぎ、噛み合わせの長期安定を保つことができます。
入れ歯の場合は、入れ歯を作る技工士の技術によっては、発音しづらくなる場合がありますが、インプラントなら発音には全く影響を与えません。
外科的な手術は必要になりますが、取り外しも不要で見た目や使用感も大変自然です。

それに人工歯根には触覚や圧覚を感知する歯根膜の機能は付いていませんので、強く噛み過ぎてしまうこともあります。
インプラント治療は、入れ歯などに比べて長い治療期間になります。インプラントが歯の根にあたる骨に付くまで、最低6週間はかかります。
インプラントの治療費用には、保険が適用されません。1本30〜50万円が一般的ですが、医院によって料金設定はちがいますので、直接問い合わせをしてみましょう。
現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。材質は金属アレルギーの起こらないチタンを使用することがほとんどです。
インプラント治療を受けた後は、定期的な検診が必要なので、アフターケアがしっかりしていることも歯科医を選ぶポイントになります。

経済