インプラントの長所と短所

インプラントと言っても、実は様々な種類があります。
永久歯が抜けてしまうと、これまでは入れ歯やブリッジなどでしか、抜けた歯を補うことはできませんでした。
インプラント治療の場合は、健康な歯を削ることもなく必要な箇所にインプラント(人工歯根)を埋め込むことで固定式の人工歯を入れることが出来るようになります。
インプラントは人工歯なので虫歯になることはありませんし、食べかすが付きにくいので周りの歯も虫歯にはなりにくいのです。
インプラントなら、入れ歯とちがって自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができるので、食べ物の味や感触がよくわかります。
インプラントは、外科的な手術が必要になりますが、ぐらつきやがたつきが無く、取り外して手入れをすることもありません。
インプラント治療をするにあたって、手術をしなければならない事はもっとも大きな欠点といえます。歯肉を開いて骨を削れば、腫れや出血もあります。
また、インプラントは自然の歯と同じで、歯周病には弱いので、長持ちさせるためには、十分な口腔衛生の管理と、定期検査が必要です。
他の治療方法に比べて、インプラント治療は長い期間がかかります。一般的に、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月の治癒期間が必要です。
インプラントの治療費用は、保険適用外の自費治療になります。料金設定は、医院によって違うのですが一般的には1本30〜50万円前後になります。
インプラントは、その材質や治療方法にさまざまな改良が加えられ、現在では世界で数百種類、日本では数十種類のものが使用されています。
インプラント治療を受けた後は、定期的な検診が必要なので、アフターケアがしっかりしていることも歯科医を選ぶポイントになります。

経済