インプラント治療

インプラント治療という言葉を聞いた事はあるでしょうか?
永久歯を失うと、残念ながらどんな治療をしても二度と生え変わってくることはありせん。そこで、これまでは入れ歯やブリッジなどの治療を行なって来ました。
インプラント治療というのは、ドリルであごの骨に穴を開けて、チタン製の歯根(インプラント)を埋め込みます。その上に義歯を入れ込むので、しっかりと固定されるという点で入れ歯とは決定的に違いがあります。
また、インプラントは人工歯ですから虫歯になることがなく、口の中を清潔にしていれば口臭の発生もありません。
入れ歯の噛む力は天然歯の20分の1程度といわれていますが、インプラントで噛む力は天然歯と変わらず、硬いものも気にせずに噛む事ができます。
インプラントで入れた人工歯は通常のハミガキと同様に磨けば良いので、日々のお手入れが簡単です。
インプラントの注意点として、患者に病気がある場合は、その程度や病状によっては手術に危険を伴うので治療ができないことがあります。
また、インプラントには触覚や圧覚を感知する歯根膜という機能は付いていないため、知らずに強く噛みすぎてしまうことがあります。
インプラント治療は、他の治療方法と比べて、長い期間がかかります。一般に下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月と言われます。
現在、インプラント治療は保険適用外で自費治療となっている為、各医院によって料金設定が異なりますが、だいたい1本につき40万円前後が一般的です。
インプラントには、その方法や材料によって、世界で数百種類、日本では数十種類のものがありますが、現在では金属アレルギーの心配がないチタン製が多くなっています。
インプラントの治療後のケアは、やはり治療を行った歯科医に任せるのがベストです。したがって自宅に近い歯科医など、通いやすい歯科医を選ぶことも大切になります。

経済